calendar

2014年7月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

category

  • カテゴリーなし

嘘の付けない時代

世の中インターネットが普及したおかげで、嘘がつけない世の中というものになりました。人の口には戸が立てられないものであり、誰かがネット上に王様の耳はロバの耳であることを叫びたがっているものです。それは会社を恨んでいたり、ただ混乱するのが楽しい愉快犯だったりと様々ですが、統一しているのは唯一つ。面白おかしく騒ぎ立てたいということです。


嘘も信じられる

それが真実ならしかたのないことです。不正をやって、それがバレたのなら罰は甘んじて受けなければなりません。悪いことをしたならその報いを受けなければならないのが世の常ですが、中には謂れ無き誹謗中傷や悪評のデマを吹聴する不逞の輩というものがいます。
そういった人がひたすら言いふらしていた場合とるべき行動は、無視をすることであり、無視をしていれば次第に聞こえなくなり、デマを言いふらしている人も無視をされるようになります。


本当の場合

ですが、その吹聴していることが本当だった場合。これが問題です。ただちゃんと謝罪すれば問題はないのですが、事件が大きければ大きいほど、そして会社が大きければ大きいほど事件というのは大きくなっていき、そして取り上げられやすくなっていきます。
そしてその分インターネットでも騒ぎは大きくなり、そして徹底的に批判され、叩かれ、誹謗中傷を受けます。インターネットは匿名性なので過激な発言も多く、とことん悪口が言われてしまいます。
こうなった場合はただひたすら収まるのを待つしかありません。もはや言い訳を言い、あれこれ言っても火に油を注ぐようなものであり、かえって逆効果になってしまいます。

★★★騒ぎを早く納めるには★★★

しかし、ただ待っているだけでは中々収まらないものです。そうしていくうちに、騒ぎが続けられていくと事件を知らない人も知るようにあり、火はますます広まります。ではどうすればいいのでしょうか。黙っていれば火は広まり、言い訳をすればやはり広まる。
こういう時の誹謗中傷対策に、逆SEOというものがあります。逆SEOを使うことにより、騒ぎは人の目に触れなくなっていき、そして次第に誹謗中傷もなくなっていきます。誹謗中傷に逆SEOを利用しているところは多く、特に大きな企業であればあるほど逆SEOを利用しています。


会社を大きくしたい人へ

会社を大きくしたいとお考えならば、仕事の業績も大事ですが、その前に足場を固めることが大事です。火病中傷対策や、どんな不祥事も起こさないようにする教育。それが大企業に求められるものです。
しかし、会社が大きければ大きいほどそういったものを防ぐという手は難しく、y鍼誹謗中傷対策というのは何らかの手段を知っていたほうが得策です。
というわけで、今回は誹謗中傷対策に逆SEOについて紹介させていただきます。

オススメサイト

SEO対策は成果報酬型で依頼しよう│E-connection
誹謗中傷に関する相談│誹謗中傷レスキュー
人気急上昇中のリスティング広告なら|イノベーション